20代のときは徹夜で起きていても翌朝いつも通りにメイクをしてから出社することも全然大丈夫でした。
しかし30代を過ぎ、40代に入ると睡眠不足が直接肌にあらわれるようになりました。

自分で確実に睡眠をとるために早く眠っても、途中で起きてしまってそれから眠れなくなることもあるのです。質の高い眠りをしてつねに若々しいお肌でいたいです。

良質な睡眠と言ったら、まず日のあるうちにある程度は運動しなくてはと思ってこの頃頻繁に歩くように心掛けています。規則正しいリズムで歩くことはメンタル面によく効くらしいです。幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが出るらしいです。
ですが一生懸命歩いてくるとお腹が減ってついついお菓子を食べ過ぎることがあるのでそこが問題です。

こうやって昼間体を動かすと自然に夜になると睡魔に襲われます。その睡魔をうまく利用して「肌のゴールデンタイム」といわれる夜22時から翌日の2時までに良質な睡眠をとって肌の年齢を若返らせるために努めています。

 

美容面で影響が大きい「お通じ」のこと

40歳を過ぎた頃から肌の状態が悪くなってきました。就寝時間が遅れや便秘の影響を受けていることがやっと自覚出来るようになりました。
とりわけ出る物が出ないと吹き出物はできるし化粧のノリは悪くなるし体調不良にもなります。

そのため今美容関係で一番注意しているのが「お通じ」です。起床してから、時間にゆとりのある土日は排便までにいくら時間がかかってもOKなのですが出勤日なんかは大忙しなので便意を促進してあげないと無理なんです。

なので、ちょっぴり早起きしていっぱいお水を摂取します。その効き目は後からくるのでそれからいくらか出待ちしないとならないのが時間との勝負です。けれど少しでも排出するようにしないと日に日に不要物が蓄えられていき肌が荒れ、大人ニキビが出来ちゃいます。

また食生活にも注意していて体重を気にして摂取量を落とすよりも、葉野菜や根菜類をたっぷりとり入れるようにしています。自分的には葉野菜がなかでも便通をよくしてくれているという印象です。
元々が便秘体質で少しでも油断するとすぐ溜ってしまうのでこれからも気を付けていきたいです。