乾燥肌にはかなり悩んでいます。

もともと油っぽい肌で洗顔をしても3時間くらいするとテカリがでてきます。
特にTゾーンはお化粧をしてると特に目立ちます。

よって夏場は油っぽい肌用のさっぱりとしたスキンケアをするのですが、冬になるとTゾーン以外は乾燥肌になってしまうため夏と同じようなスキンケアではカサカサになってしまいます。

ですが、冬にちょっとしっとりめのスキンケアをしたらTゾーンのベタつきが目立ちお化粧も浮いてくるような感じもあります。

部分的にスキンケアを変えるのも化粧品を2つずつ用意しなければならないためお金も手間もかかってしまいます。
紫外線対策として美白もしたいので美白効果のある乾燥用とさっぱり用のスキンケア商品を探すのも一苦労です。

特に乳液クリームはお肌に合う合わないがあるので、しかも販売店でテスターを使ってみるのですがほとんどの場合が手につけるため顔には合わない時もあるので困っています。
乾燥にもベタつきにも効果的な基礎化粧品などがでれば悩みも解消されるのになと思っています。
トワエッセ
参考URL:http://www.auto-lux.info/

「乾燥」は美肌作りの敵だと考えています。
皮膚が乾燥すると、色々と悪影響が出てきます。
かゆみ、湿疹だったり目に見えて酷くなる事もあります。

すると、角層が硬くなっていき、硬くなるとローションやなんかの浸透が良くなくなります。
治療薬をぬる場合でも角質肥厚の状態だと効き目が弱まります。
「乾燥」による肌疾患になれば、ニキビが出来やすくなったりだとかいいことはないのです。

カサカサ肌の保湿方法としては、バスタイムの最後に、軽く水気を切り、体用オイルを塗っていくのです。
濡れているので少量の天然オイルでも伸びが良くなります。

体中に塗るとしても、手のひらに500円玉くらいの量で済むと思います。
体用オイルでうるおいを閉じ込めるようにカバーリングするのです。

乾燥が目立つカカトなんかは、更に「ヴァセリン」をつけたりします。
かお周りも最初に保湿オイルをほんの少量伸ばしてから美容化粧水をつけると、吸収力がアップするようです。
その後、クリームを伸ばしたり、再度専用オイルを塗ったりします。

下地クリームにも天然オイルを混ぜてつけると終日、保湿されます。
化粧したあとでも、カサカサしている時は、スプレータイプのオイルを顔にかけたりしてます。
空気が乾くシーズンには、美容オイルが本当に欠かせません。

30代後半から肌状態が良くなくなってきました。
就寝時間が遅れや不規則なお通じのせいだとここにきて明らかになりました。
それこそ便通が良くないと吹き出物はできるし化粧のノリは悪くなるし身体もだるくなります。

ですから現在全身美容の為に特に頑張っているのが便秘体質の改善です。
目が覚めてから、ゆっくりできる週末は用を足したくなったら行けばいいって感じですが仕事のある日は忙しく排便を意識しないと出ることはありません。

そんな訳で、ちょっと早起きして水分をたっぷりとります。
その効き目は後からくるのでそこからしばし時間をとる必要があり時間がかかるのです。
けれど少しでも便通をよくしないとどんどん便秘がひどくなり肌が荒れ、ブツブツができてしまいます。

その他、食事内容にも注意していて痩せるための減食などはしないで、生野菜や温野菜をたっぷり口にするようにしています。
自分的には「キャベツ」がとくに快便に役立ってくれていると思います。
元来便秘しがちな人間なのでちょっとした気の緩みから便秘気味なってしまうのでずっと快便を心掛けていきたいです。

カサカサ肌のわたしは、つねにお風呂上りには丁寧に保湿するようにしています。
お風呂から上がる時、タオルでサッと水滴を拭いてお風呂場から出ずに全身に惜しみなく保湿化粧水を付けています。
からだの保湿につけるローションは低価格の化粧水です。

化粧水がお肌に浸透したらお風呂場から出て保湿用ジェルでやさしく揉み解すように体中に塗っています。
お風呂から上がる時にすぐローション、保湿ジェルクリームを使うようになってからからだの乾燥の悩みが解消されました。

若かった頃は、夏の暑い日に体がベタベタしてしまうのが嫌でからだの保湿ケアを疎かにしていました。
だけど、年を重ねる毎に潤いは無くなってきました。

最近は「暑い時こそ保湿ケア!」を心がけています。
特にカサカサする冬のみしっかり保湿するのではなく、年間を通して保湿することで吸いつくような肌になりました。

肌の潤いが無くなると、シミやしわなど老けて見えてしまいます。
顔だけに止まらず全身の保湿をして、この先ずっと弾けるような肌でありたいです。
格安のローションでも毎日浴びるようにつけて確実に保湿ケアすれば、乾燥に悩まされることがありません!