雑誌の記事で読んで以来、機会があったらぜひやってみたかった、ファスティングダイエットに挑んでみて、嬉しいことに、一気に3キロも体重が減りました。

きれいになりたい、というその一心でファスティングを頑張ったのですが、鏡をよく見てみると、身体はすっきりしたようですけど、肌、というか顔にしわが増えたかもしれません。

ファスティングダイエットがしわと関連があるかどうか確信できませんが、タイミングを考えると何かありそうにも思えますので、取りあえず、肌のケアを続けつつ、自分で調べたりしてみようかなと考えています。

肌のくすみを引き起こすものとして、紫外線や肌の新陳代謝の乱れが挙げられると言われることもあります。

肌本来の調子を取り戻すためのものとしては一時期ブームとなったアロマオイルも選択肢の一つです。

特に、新陳代謝を上げて肌を生まれ変わらせてくれるネロリや、血行の促進に作用するゼラニウムは、お肌のくすみを解消してくれます。

もちろん、マッサージに使うのもよいですし、スチームを利用する際に、何滴かをたらして使ってみるのもよいかもしれません。

ビタミンCの美白効果をねらって、お肌にレモンの輪切りを貼ってパックとすることが話題となりましたが、すぐ下火になったように、美白効果はありません。

すぐに止めましょう。

レモン果皮の成分を肌につけて紫外線に当たると、皮膚が紫外線に敏感に反応してしまいます。

シミを薄くしたり、予防する効き目をレモンでねらうならば、有効なのは食べることです。

かつて一世を風靡したガングロが最近になって再び、ブームが起こりそうな気配です。

一つのスタイルとして落ち着き始めたとも言えますが、お肌のシミが心配ですよね。

それぞれ違いがあるとは思いますが、やはりガングロ卒業後にはシミがガングロではなかった人よりも多く目立つようです。

肌のキメは、肌の美しさのバロメーターです。

これが整っていると美肌ですし、そうでなければ荒れていることがわかります。

ではこのキメとは何かというと、肌表面を網の目のように覆う皮溝という線と、皮溝が囲む、皮丘という盛り上がり部分から成る模様のことを言います。

よくいう「キメが整った肌」は皮溝に囲まれた皮丘に水分が含まれ、形も均等によく揃っているものです。

ところが、皮膚のバリアの役目を担う表皮が乾燥し、荒れると、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。

表皮が荒れて、バリアとしての機能がうまく働かないでいると、表皮が覆う真皮もそのうち傷つくことになります。

真皮は肌の土台という働きがあり、真皮にまでダメージが及ぶと、土台としての力が弱まって肌を支えていられなくなり、肌表面にシワを生みます。

摩擦による刺激はお肌にとって大敵だということは充分わかっているつもりです。

うっかり力を緩めることなくメイク落としをしてみたり、顔を洗ってみたり、クリームとか保湿剤をべたべたと塗り込みがちです。

メイクオフする際には、お化粧汚れとクレンジング剤を丁寧に溶け合わせるようにし、爪を立てずに指の腹で、優しくオフすればOKです。

何にしても、力を加減することが大切で、摩擦刺激をできるだけ避けるように、優しくクルクルっと丸を描くみたいに、というのが理想的なやり方ですが、うっかり力を入れてケアしています。

一日2リットルの水分を欠かさないことが健康に役立ちます。

そして、お肌にとっても水分は欠かせません。

体内の水分が十分でないと、お肌の血行も悪くなります。

老廃物がお肌にたまるので、シミやくすみを悪化させてしまいます。

また、肌の奥から乾燥して、くすみばかりかシワも目立つ結果になるので、日頃から意識して水分を摂るようにしましょう。

しわ取りテープというユニークな商品があります。

この貼るだけでしわを薄くしてくれるらしいしわ取りテープは、少し前にテレビでコスメやその関連に詳しいという芸能人により紹介されていました。

その人も愛用されているようです。

これはしわをのばしてテープを貼り、しわが取れるよう皮膚の矯正を行なう商品のようですが、これを貼ってる最中は引っ張られ、顔が引き締まった気がするそうですが、長い時間使用すると、肌の負担も結構大きいらしく、赤みやかゆみ、酷くなると湿疹などを起こす人がいてもおかしくありません。

しわ取りテープの使用でシワどころではない肌トラブルに!などということになるのは困りますから、正しく使用してください。

顔にシミがあるだけで、見た目年齢を引き上げてしまいます。

そんなシミのメカニズムを探ってみると、表皮に現れたメラニン色素が剥がれ落ちることなく、皮膚に残ってしまったものになります。

お肌のターンオーバーを活性化できれば、少しはシミを目立たなくすることが可能となりますが、ピーリングをして溜まった角質を落とすと、さらに効果がアップします。

ただ、過度なピーリングはお肌の負担となってしまう危険性もあります。

毛細血管は皮膚のあらゆる部分を網羅し、隅々まで行き届いているのですが、皮膚を構成する表皮や真皮の細胞に、血液を介して酸素や水分、栄養を届けて、細胞からでる不要の老廃物を排出するためのパイプでもあります。

喫煙時、吸い込む煙に含まれる化学物質の作用によって、全ての毛細血管は収縮してしまいます。

そのため、毛細血管の末端はつまってしまい、栄養や酸素が通れなくなって肌の細胞は酸欠になります。

表皮に栄養がいかなくなれば、表皮は当然弱くなり、本来持っているバリアとしての役割が果たせなくなり、表皮が守っている真皮も弱って、役割りを全うできなくなります。

このようにして肌は張りや弾力を失ってしまい、肌の表面ではシワが増えていきますし、たるんでもきます。

喫煙の肌への害を考えると、やはり禁煙をおすすめしたいところです。

キャンペーンの申し込み前に解約方法をチェック>>チェルラーブリリオ 解約