私の場合は美容対策として、年中、紫外線対策をきちんとしています。

冬の時期以外の紫外線が多い時は、スキンケア商品を美白スキンケアにして、焼けないように日焼け止めクリームを塗ります。

外出する時は、日傘、帽子やサングラス、手袋をつけて、直接受けてしまう紫外線以外にも、反射する紫外線にも注意を払って歩くようにしています。

あと体の中からも日焼けに強くなるように、食後にビタミンB・Cのサプリメントを飲み、抗酸化作用の高いキャベツやトマトやニンジンなどのお野菜、とくに旬の野菜を意識して頂くようにしています。

昼間に長い時間外にいた日や、たくさん日に当たったと感じる日は、夜のいつものケアに付け加えてしみに効果の高い美白マスクをつけてお手入れするようにしています。

こうした日焼け防止対策をし始めてからはシミが出来るということはありません。

しかもキレイな白い肌を維持できています。

秋が終わり、紫外線が少なくなる冬には、皮膚科に行ってシミ取りの治療をして貰って、過去に作ってしまったシミを除去したり、肌をきれいにしたりと対策を行っています。

昨年の寒さが厳しくなった頃から、どうも乾燥肌になってしまったようです。

最近までそんなこと全然気にしたこともなくて、周りから見たら女子力を放棄していたわたしもなんとかしなきゃと思うきっかけがありました。

お肌の乾燥が原因で、体のあちこちに赤いブツブツができてしまいました。

何より全身が発狂するほど痒くて、夜も眠れないことがあったのです。

そこでどうしても肝心なことは『保湿』ということになってきます。

それ以来、近くにいる女友達に乾燥対策に関してどのようなことをしているのか聞いて、風呂から出たら必ず保湿するためにアボカドオイルを塗るようにし、化粧水も今まではホワイトリカーにドクダミをつけて手作りしていましたが、石見銀山生活文化研究所の梅の花の酵母からつくっているという化粧品などに切りかえました。

しばらくそれを使っていると、徐々にお肌のしっとり感が戻ってきた気がします。

私の住んでいる地域は雨降りの日が多いので、そこまで乾燥地帯ではないと思っていたのですが、雨とかは関係なく、冬の時期だったらいつでも乾燥に注意して日々過ごすことが大切だと感じました。

この頃美容について頑張っていることと言ったら、体重を調整する事です。

私自身は、夏バテのタイプで暑い夏は3kg位ひどいと5kgほど痩せます。

ぽっちゃりとしている方にはうらやましいと思われるのですが、実際の所痩せすぎはシワが増えるのと病気になったのかと心配されます。

それで夏に痩せてしまわないように自分にとって一番良い体重をどのようにして維持をするかという健康管理に気をつけています。

そうした所いつもの夏とは違って2kgくらい増えてしまったのです。

年をとったのが原因なのか分かりませんが、毎年体重が夏場は減少し冬場は増加するという感じで体重のバランスをとっていますが、今回は少しやせないといけないみたいです。

夏場に甘いものをたくさん食べて太ってしまったみたいなので、ここ最近はおやつに果物や野菜などを取るようにしています。

結果元の体重になりました。

魅力という事を考えると痩せ過ぎや太り過ぎは駄目だと思います。

年齢を重ねると痩せすぎた場合しわが目立ってしまうのです。

一年には春夏秋冬がありますが、季節にあった食事をバランスよく取りながらベスト体重を維持するのが本当の美しさだと思います。