私は日々気を使っている事があるのです。
それは自宅に戻ったらすぐさまメイクオフをする事です。
出勤する時とか、外出する際に女の人はかならずメイクすると思います。
ベースメイクやファンデーション、アイメイクや口紅など、肌にかかる負担は相当なものかと思います。

帰宅後は、まずは洗顔することが私の日課です。
手を洗ってうがいをして、それから時間を少し掛けてお化粧を落としていきます。
初めにオイルで落として、その後にたっぷりに泡を立てた洗顔フォームを使って泡を塗るように洗っていきます。
そのあとたっぷりの化粧水と乳液とクリームを塗っていきます。

私自身が大事にしているのは安くてもいいのでいっぱい使える物にする事です。
また、ローションは均等に広がるようにパフを使って顔に塗ります。

自宅ではなるたけ素肌で過ごすように気遣っています。
あと仕事がない日もなるべくすっぴんでいるようにして、肌にもオフを作っています。
これが私がやっている美容法です。

自分が美容のために気遣っている事は食事になります。
人って食べたもので作られているとよく聞きます。

自分が独りで暮らして仕事をしていた頃は食生活が凄く荒れていました。
お昼のご飯はコンビニ弁当、夜の食事はラーメンやパスタなど一皿で済ませられる簡単な食事がほとんどでした。
二十代前半にはニキビ肌になってしまい、便通も悪くて困っていました。

専業主婦になってちゃんと料理をするようになって食事の重要性が分ってきたのです。
なるべく一汁三菜、簡単に作れるものでお野菜をとり入れ三度のご飯をバランスの良い物にしています。
今まで手を出したことが無い乾燥させた食材も作るようになりました。

コンビニやファーストフードをやめた生活を続けると体調に変化が現れました。
はじめにニキビができなくなりお肌に潤いが出てきました。
便通もだいたい決まった時間であります。
便秘は体質だと思ってあきらめていたので改善出来てホントによかったです。

人間というのは食べたもので出来ています。
美容のためにずっと体の為になる物を十分に摂ろうと考えています。
年明けの冷え込みが厳しくなってから、肌が乾燥しやすくなってしまいました。

今までこのようなこと全然思ってみたこともなくて、他人から見れば女らしさに欠けていた私もどうにかしなきゃと考えさせられる事がありました。
肌が乾燥したことによって、体中に発疹が出てきてしまいました。
とにかく体中が四六時中痒みがあって、夜寝付けないことがありました。

やはりそこで必要になってくるのは「保湿すること」だと思うのです。
それ以降、まわりの友人達に乾燥対策に関してどのようなことをしているのか尋ねて、風呂から出たら常に潤いを閉じ込める為にホホバオイルを塗るようにして、化粧水も今までは焼酎にドクダミの葉っぱを漬けて自分で作ったものでしたが、MeDu(めづ)というブランドの保湿効果のある梅花酵母エキスが入った化粧品などに切りかえました。

暫くの間その商品を使っていたら、段々と肌がしっとりとしてきたような気がします。
今住んでいる地方は雨の日が多いので、それほど乾燥する地域ではないと用心していなかったのですが、雨とかは関係なく、寒い季節になったら常に保湿を意識して過ごさなければいけないと思いました。