私自身の「汗臭」もさることながら、周囲の人の汗臭も気になります。
職業柄体を使うことが少なくないので、真冬でも汗をかくことがあるですが、男性、女性に限らず、汗臭がそこら辺一帯に充満してしまうことがあります。
全員がそれを認識はしているのですが、ハッキリと口に出して言ったりはしません。

けれど、実際問題として「汗臭」は部屋の中に充満しているのです。
比較的、年齢がいってない人の方が自分の汗臭さに敏感なところもあって、デオドラント剤や汗ふきシート、その他諸々のデオドラントグッズを利用し、防臭対策に努めているのですが、年齢が上がってくるとあまりご本人の汗のニオイを認識出来ないように感じます。

それと、中高年になると、加齢による体臭というものもあり、通常の汗のニオイとそれとの混合で酷く臭うこともあります。
今は汗を掻いても臭いにくくなる洗濯洗剤が売られており、それらを用いることで汗で香りのセンサーが働いて、いい匂いを放出してくれるようですので、デオドラントスプレー等をあんまり利用しない方にはいい体臭ケアになります。

そして、結構汗掻いたなとか自分で把握出来ていれば、風邪をひきにくくなりますし、服を替えるというニオイ対策もとてもいいと思います。
皆が快適にお仕事が出来る仕事場になるように願っています。

自分は仕事の関係で、ラバー軍手を付けての仕事があります。
ラバー軍手というのは普通に売っている布製の物とは違って、ゴム素材で覆われている為に、重たい荷物を運搬するときに滑りにくいため、現場での仕事の時には欠かすことのできない道具です。

ですが、通気性が悪いので湿気が籠るというデメリットもあります。
夏場は、何もしていなくても汗をかくので、一層手が汗臭くなります。
当然、出来るだけニオイがしないよう洗濯はまめにしますが、それだけではニオイは落ちないのです。

一度、ラバー軍手に染み込んだ汚れは、非常に頑固です。
なにをしても汚れやにおいが落ちなかった場合、それ自体を買わないといけませんが、三日で汚れてしまうケースもあるので、いつも買い換えていては費用もかさんでしまいます。

私がしている解決方法は、使ったら早めに天日干しするようにしているのですが、仕事が終わるのが夜が多いんです。
なかなか難しいものです。

身体の臭いに悩まされています。
夏の間はそこかしこに制汗剤をふってから着替えます。
カラダの臭いが酷いからでしょうか電車などに乗ったりすると周りに空間ができます。

座っている人に近寄れば席を空けてくれます。(この点は役得ですが)

お風呂ではかなりこすって洗うのですが数時間もたたないうちに何か臭う?と気になります。
ネットで原因を調べると、偏食しているのがいけない、というのを見ましたがきちんとバランスの整った食生活をしている為、ミドル脂臭ではないかと思っています。
あるいはボディーソープがダメなのか、試行錯誤です。

仕事場では香水などの香りは使用不可なのです。
ですのでなるたけ汗を出さないよう小型のデスクファンで踏ん張ってますが、全然効果はありません。
会社の方針でエアコンの温度を28℃にしているので冬の季節は平気なのですが、暑い季節は大変です。

汗が滝の様にでます。
デオトラントスプレーの意味がありません。
解決方法を知りませんか?