だれにも劣らないくらい多汗症なわたしです。
体系はすこし痩せていて体温も普通ですしとどまっていれば人並みに過ごせますし寒い冬は指の先とか足の指などは冷えていますが、ちょっとでも体を動かそうものなら即座に体温が上昇してきて汗が出てきます。

例えば友人と待ち合わせをしていて早足で歩いたりすると、到着する頃には額から汗が出ているのです。
みんなはそれを知っている為「代謝が激しいんだね。良い事だよね」なんて言ってくれるので私自身もいい事なんだと思うようにしていますが、本人としては煩わしい事もあります。

女性に多いと思いますが、汗をかくことによってお化粧が崩れやすくなります。
対策としては薄化粧を心掛けて汗・水に強いコスメを使用する事ですけど、こういう物って肌への負担は増えるのです。

いちばん面倒くさいのは夏で、根っから暑いのは苦手なのでおでこの淵から滝のように流れる汗を拭くためのタオルやハンカチは手放せません。
あとメイクが落ちること以上に困ってしまうのは、ワキ汗になります。

知り合いと合っている時に背面であれば気付かれたりしませんがワキのところは相手の視界に入るので気付かれてしまいます。
さらっとしたお水のような汗の為臭いはないのですが、服の脇部分の色が変わってしまうと美しく見えなくなってしまいます。

対応策はデオドラントを使うとか汗ワキシートをつけたり変色しても分かりにくい濃い色の服を着るようにしています。
こういうふうに多汗症ならではの悩み事もあったりしますが常時工夫を凝らして向き合っていきたいと思います。

汗においての悩みって、介護の時にも関わってきます。
なぜかというと、湿疹ができる原因の中に汗も関わっているからです。
汗は思いのほか気付かない点で、汗をかくと不愉快に感じるという事が分かりにくいという事が多いのです。

でも、空気を通しにくいと起こるのが、汗蒸れになります。
これは、体に害を与えるばかりではなく、汗によって発生するストレスをも起こしてしまいます。

ですから、汗の悩みなんてちっちゃな事だと蔑ろにしてはいけないのです。
汗の不快感は、介護するうえでも考慮しなければならない事なのです。

汗の蒸れって、とくにオムツや尿とりパットなどをしている時の汗の蒸れが不快なものであるかというのは、自分が現実に行ってみないと分からない事だという事は仕方がないといえるのかもしれません。
でも、自分が体験したことではなくても、汗を嫌がる気持ちを想像してケアされる人の不快な思いをなくすようにあげないとだめだと思います。

汗の悩みはつきませんね。私は、脇から出る汗に悩まされています。
なぜ特にワキ汗かというと、仕事の業務で人前で発表する事が多いので、その時に困っている事で、脇の汗じみが目立つという事があります。

この悩みを抱える一人として、洋服の選択は大事なのです。
デザインを重視して、うっかりわき汗が分かりやすい服を選んでしまうと大変です。
とりわけ、グレーは気をつけなくてはなりません。

その訳は、灰色の洋服は汗じみが分かりやすいのです。
墨のように浮き出た汗のシミはとてもダサいです。

更に、本人に意識はなく友だちに言われてしまうと恥ずかしい思いをする事もあります。
汗の悩みにおいては、やはり友人には話せません。

相談したところで相談された側も上手く回答できないものだと思うのです。
ですので自分は「汗で困っている事を解決してくれるようなウェブサイトがあったらいいな」なんて思ったのです。
気軽に汗の悩みに関して解決できたらいいなと思うのです。