スキンケア中にふと鏡を見てちょっとした発見がありました。
個人的には大発見だったのですが、それは肌の質が柔らかければしわもなかなかできにくいのではないでしょうか。

目の周りの細かいしわだとか、年々濃くなっていく気がするほうれい線は目立つ気がしてなんとかしたかったのですけれど周りでちょっと評判のいい、炭酸パックをやり始めて、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃にはしわがあまり目立たなくなってきたように思います。
炭酸パックとしわの消失、関係あるのでしょうか。

お肌のシミを薄くする効果がある飲み物といえば赤く爽やかな味わいのローズヒップティーです。
酸っぱくてそのままでは摂れないレモンの数十倍のたっぷりのビタミンCが摂取できる飲み物で内側からメラニン色素ができないようにして、その上、お肌のハリにかかせないコラーゲンの生成を盛んにしてくれるため、紫外線で疲れた肌を元気にし、透明感ある理想の肌へとなるでしょう。
抗酸化作用にも優れており、若い肌を取り戻すのにもいいですね。

いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、きれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。
ところでシワができる原因は、主に肌の老化であったり、紫外線の影響によります。

シワができるのをなるべく防ぐため、日焼け止めをし、帽子、日傘、あるいはサングラスなど、一年を通して紫外線対策をし、そこまでしていても日に焼けてしまった場合は、放置しておかず、すぐに肌を冷やしてほてりをとり、お肌に化粧水及び美容液などでちゃんと保湿をし、シミやシワ、肌の乾燥を防ぎましょう。

こういった日々の積み重ねが、エイジングケアにつながるわけです。

シワ対策として、簡単で効果が期待できるものといえばおそらくパックでしょう。
一日の終わりにパックをしながらスキンケアの時間を過ごす一息つける時間です。

実は、自分で簡単に作れるパックもありますのでご紹介します。
普通のプレーンタイプのヨーグルトに小麦粉をいれてパックできる固さに調節しこれを肌にぬり、少しパックのための時間をとりましょう。
冷たいヨーグルトが毛穴を引き締め、また保湿効果がありますからきっとシワにも効いてくれるはずです。

年齢に合わせてシミが増えてしまうと、嫌になってしまいますよね。
昔の自分のような若いきれいな肌をみると、シミ知らずの潤ったキレイな肌で、お化粧が映えてるなぁなんて思うと、羨ましいの一言につきます。
これからでも頑張って若い肌を維持して、シミがこれ以上増えないようにするつもりです。
シミは紫外線と肌の老化が大きな原因になるということは有名ですから、UV対策とエイジングケアをしていこうと思います。

かつて一世を風靡したガングロが今またブームになりそうな兆しが見られます。
数あるスタイルの一つとして落ち着き始めたとも言えますが、お肌のシミが心配ですよね。
大丈夫という人もいるかもしれませんが、ガングロを卒業するとシミがガングロではなかった人よりも多く目につきやすくなると言えるでしょう。
みかんなどの柑橘類はビタミンがとても豊富で、お肌の内部からきれいになり、シミを作らないためにぜひ食べてほしいものです。

けれども、みかんを食べるタイミングには気をつけてください。
紫外線の刺激を受ける前にたくさん食べると、ソラレンという柑橘類に多い成分が紫外線へ敏感に反応するように作用し、むしろシミが広がることもあるそうです。
美肌やシミ予防を考えて、みかんは夜食べることを心がけましょう。

お肌に出来てしまったシミについては、ご自身のケアでもある程度の改善が期待できます。
しかし、シミを完全に消し去るとなったら大変難しいといえます。

でも、まだ方法はあります。
費用はかかりますが、美容外科を利用すれば消し去ることができるでしょう。
どうしても気になっているシミがあれば、専門医に相談してみることをオススメします。
聞いた話では、多くのクリニックで無料カウンセリングを受け付けているそうです。

砂糖など、糖質を摂りすぎる方はちょっと考えてください。
糖質は、お肌がくすみ、老化を早める原因になるのです。
糖分が体内でタンパク質と結合すると、老化の進行を早める糖化生成物に変化するのです。

肌でコラーゲンが糖と結びつき、糖化物質ができていわゆる黄ぐすみになったり、シミの増加や、シワ、たるみを起こしたりする原因になりかねません。
気がつけばアラサーになっていて、仕事もあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、何気なくのぞいた鏡を前にしてびっくりしてしまいました。

鏡の中から、くっきりしたクマと細かいシワに顔を覆われた自分の顏が見返してきました。
どれだけ自分が疲れ果てているのか、思い知らされた気がしたのです。
この衝撃の日以降、私は心に誓いました。

どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰ってもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、肌のためにできることをして、これ以上増やさないために、シワを予防しなければ、と決心したのでした。